例え、配偶者が浮気している場合でも

例え、配偶者が浮気している場合でも

例え、配偶者が浮気している場合でも今後も、パートナーであり続けたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはやらないほうが無難です。

 

浮気の事実を突き止められると相手が逆ギレしてしまって、別れなければいけなくなってしまう可能性を否定できません。

 

 

 

それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に追い詰められてしまうかもしれません。
熊本の探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。
実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真撮影にかかる費用などですが、調査中の食費が加わることもあるでしょう。

 

そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用が算出されます。調査にかかる期間が短くて済めば支払いも安くすみます。成功報酬と言って誤解されがちなのは、もし、浮気調査の依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だった場合、3日間で浮気が発覚しなければ調査は成功ということになるでしょう。

 

実際に浮気があったとしても、調査中に浮気が見つけられなかったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査期間を終えてしまい、成功報酬としての料金を請求されます。熊本の探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。不信感を抱いてしまった相手と死ぬまで一緒にいるとなると相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。それと、原因となった不倫相手に慰謝料の支払いが課せられれば間違いなく別れさせられるはずです。問題なく熊本の探偵が調査をしていても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって証拠を残さないようにし始めたりして、うまく行かない事もあるのです。
たとえ熊本の探偵が浮気調査をしても、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。

 

 

 

失敗した場合の代金についても、契約書を作る際にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。
しょっちゅう同じ電話番号からまた、掛けているまた掛けていたりするとそれが浮気相手とのやり取りであるのはある程度間違いないと思われます。その後、その電話番号の持ち主を突き止めるだけでいいのです。

 

 

 

そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、電話での連絡を浮気相手ととったのちには電話履歴を消していることも多々あり得ることです。浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発見された時、離婚するか気づかないままにするのか心が乱れますよね。まずは落ち着いて、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して離婚という別れを選択するのも一つの方法です。領収書やクレジットカードから浮気を確定することもできるでしょう。まず、普段は入らないようなコンビニのレシートをしばしば見ることが多くなったら、普段からその近くに赴いている事になります。
そこで見続けていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。浮気の形跡がSNSを介して明るみになることもあります。一般的に、SNSは本名を公開しない特性がありますので注意不足で相手が、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事がしばしば見られます。

 

場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動をネットに書き綴っている人もいるのです。

 

相手のアカウントに気づいているのなら調査してみて下さい。浮気調査をプロの熊本の探偵に依頼して証拠を掴むことができても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。子供がいらっしゃる場合だと特に、浮気をした、されたといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、理由をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。

 

それは男性の場合であっても同様で仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。